家庭織りギャッベとキリムの店 クラフトワーク 
家庭織りギャッベとキリムの店 
カゴの中を見る
←ギャッベ一覧へお店紹介お買物方法特定商取引法HOME



〜ご質問にお答えして〜

ギャッベの価格について


「クラフトワークのギャッベがこんなに安いのはなぜ?」というお問い合わせをよく頂きます。デパートや家具店などで見かけるギャッベは、お店によっては倍ほどのお値段がするのだけれど、なぜ? もしかして、品質が違うの??という、なんとな〜く問い合わせにくいけれど、当たり前で素朴なご質問にお答えします。

まず、日本市場のギャッベの価格についてですが、お店で見かけるギャッベは通常、現地の業者や輸入業者をはじめとし、複数の業者の手を経てから店頭に並んでいます。それぞれが手数料等を上乗せする必要がありますので、店頭に出るまでに順に価格が上がっていきます。イランから直接輸入しているという日本の問屋さんや、イランから直接販売する現地の卸業者さんでのギャッベの価格を見ても、織り手から直接買い付ける場合の2倍以上の価格にはなりますし、外国向けに企画され、織られているギャッベは元々の価格が高く設定されています。そこから複数のお店を通して店頭に出る場合はさらに価格が高くなってしまうのです。

弊店のギャッベは織り手から手元に渡るまでほとんど業者を介さない形で直接買い付けています。(時に例外はありますが・・。また、買い付け後に洗浄や端纏りなどの専門業者の手が入ります。)この場合でも、コネクションなどによって価格が変わりますので、日本人が買い付けると日本人向けの価格となります。(ですので、弊店でも仕入れは現地出身の主人の仕事、私はついていけません。)ちなみに織り手個人に入る金額は店頭価格が高くてもほとんど変わりません。私たちも、買い叩くことはしませんのでそのあたりはどうぞご安心を(笑)。

ギャッベには織りのきれいなものも粗いものもいろいろありますが、出来ばえによって卸価格が変わることはほとんどありません。(※注) 複数のお店で比べる場合、販売価格と品質は必ずしも比例しないので、むしろ一枚一枚のギャッベそのものをよく観察されることをお勧めします。

また、最近は薄手のギャッベが多くなりました。シルクのペルシャ絨毯が薄手であったり、目の細かい「ファイン・ギャッベ」は薄く刈り込まれるものが多いため、薄いものの方が品質が高いと思われることがありますが、本来は織りの品質と厚みは関係がありません。非常に高品質の「ファイン・ギャッベ」にも2cmほどのたっぷりとした厚みのあるものもありますが、原料にたくさんのウールが必要なことと、重くなって高額な輸送料がかかるため敬遠されがちです。通常の織りのギャッベも、ウールの節約や輸送の問題で薄く刈り込まれるものが多くなっていますので、全体のウールの詰まり、裏の織り目を観察されることが重要です。厚いもの、薄いもの、どちらもその絨毯の個性ですので、使用目的やお好みで選んで頂くのが一番です。

実店舗にお越しいただいたお客様にはよく、「いいものがお手ごろなお値段なのね。」と仰って頂いています。実物をご覧いただければ一番いいのですが、織りや糸質が違うために価格が安いわけではないのでどうぞご安心くださいね。(どちらかというと、ウールをふんだんに使ったボリューム満点のふかふかギャッベなんですヨ。でもそれは、実際触ってご納得いただかないといけないので小さな声でいいますネ・・。) 

ただし、ギャッベは一枚一枚の個性が強く、厚みもさわった感じもそれぞれに異なります。ネットの写真と説明ではわかりづらいことが多いので、気になる部分はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

(そして、直接買い付けでお値打ちなギャッベですが、「もっとたくさんの人にもっと気軽に使ってよさをわかってほしい!出来ればもっともっとたくさん買い付けをして、イランのギャッベ産業がもっと大きくなって・・・(←壮大・・)」なんて気持ちから、出来るだけ上乗せも抑えた価格でこれからもがんばろうと思います。たま〜に行うセールでも、あんまり値引ができないのですが、どうぞどうぞ、そのあたりはご容赦くださいませ・・・・。)


※注: 弊店の場合、座布団ギャッベや玄関マット以外はサイズで価格が決まります。モチーフが多くても少なくても変わりません。織り目の細かい“ファイン・ギャッベ”も同様に別レートでサイズ価格となっていますが、通常のギャッベとあまり変わらない価格で手に入った場合は仕入れ価格に合わせて価格を抑えています。



ギャッベの話・・・@ギャッベとは A遊牧民とギャッベBギャッベの色Cギャッベのモチーフ

ギャッベのお手入れ方法

ギャッベの価格について

フォトギャラリー「ギャッベが出来るまで」