本文へスキップ

ペルシャ絨毯・ギャッベ・キリムの専門店|クラフトワーク

ネットショップお問合せ0565-54-9019

メールお問い合わせ

ペルシャ絨毯、ギャッベ、キリムを日常に取り入れてみませんか

ペルシャ絨毯専門店「クラフトワーク」お店紹介

クラフトワークはペルシャ絨毯、ギャッベ、キリムなどのイランの敷物や布を現地で直接買い付けて販売しています。

丈夫で使いやすい、ペルシャの絨毯

遊牧民の織る草木染絨毯「ギャッベ」の厚くやわらかな座り心地、ペタンと平らなキリムの鮮やかな色模様。砂漠の国イランでは今でも遊牧生活をしている人々がいて、大自然の空の下でヒツジを育て、糸を紡ぎ、昔ながらの技法で絨毯やキリムを織り、テントの中で使い続けています。

このギャッベもキリムも、そして遊牧民の絨毯から様々に発展していったペルシャ絨毯も、生来は生活に欠かせない実用品であり、機能性と丈夫さ、そしていつまでも古びず使うほどに美しさを増す、優秀な生活用品なのです。


商品イメージ2

直接買い付けによる、「取り入れやすい価格」

クラフトワークでは、商品を産地より直接買い付けています。長い間に培った信頼関係により仕入れをし、少人数ですべてを管理しています。

通常は間に何回か入る商社や中間業者を介していないため価格の違いに驚かれることもありますが、織り手の手元にお渡しする代金は同じですので、どうぞ安心してください。

それでも、一枚一枚手作業で時間をかけて織られるために量産される絨毯と比べると確かに高価にはなります。でも、長く使っていただくうちにきっとその価値を感じて頂けると思います。

自然素材のギャッベの心地よさ、驚くほど丈夫なキリムの豊かな味わい、そして日常に使ってこそ最大限の良さを発揮できるペルシャ絨毯を、余分な費用を出来る限り省くことによって身近に感じて頂きたいと思っています。


商品イメージ3

ネットショップから実店舗まで

2003年9月 ネットショップとして「西アジアの布と織物 クラフトワーク」開店、のちに「家庭織りギャッベとキリムの店 クラフトワーク」
2004年12月 名古屋市覚王山に実店舗「手織ラグの店クラフトワーク」開店、ネットショップと共にペルシャ絨毯専門店として営業を続けています。


商品イメージ4

過去のイベント等

※人員の問題により、現在は直接販売のイベントの予定はありません。

■2008年〜2011年9月
 ジェイアール名古屋タカシマヤ「キリム・ギャッベの世界」
■2006年8月
 東急ハンズ名古屋店「ハンズメッセ」
■2004年9月
 豊田商工会議所「トヨタ産業フェスタ」
■2004年6月
 覚王山アパート「融」にて「ペルシャの布と織物展」
■2004年4月
 アジア雑貨市「タラート・チャオ」
■2004年4月
 トヨタ生協メグリア本部店
■2004年2月
 群馬県「群馬会館映画シリーズ」イラン映画祭にてギャッベ販売