本文へスキップ

ペルシャ絨毯とは|ペルシャ絨毯・ギャッベ・キリムの専門店クラフトワーク

ネットショップお問合せ0565-54-9019

メールお問い合わせ

ペルシャ絨毯の基礎知識とその魅力について

産地イランより直送する、美しく多様な手織りペルシャ絨毯

眺めるだけでも素敵なペルシャ絨毯は、住空間の中で最大の魅力を発揮します。クラフトワークでは、華やかな工房織りから強く素朴な遊牧民の敷物まで、多種多様な絨毯から良質で使いやすいものを一枚ずつ選んで買い付けています。

シルク絨毯のイメージが強く、敷居が高いと思われがちなペルシャ絨毯のあまり知られていない豊かな種類、それぞれの魅力から選び方までを順にご紹介していきます。
→ペルシャ絨毯一覧へ


ペルシャ絨毯とは

ペルシャ絨毯とトライバルラグの違いとは?

鮮やかで美しい、クムの工房織りペルシャ絨毯

鮮やかな色彩に艶めく光沢、大輪の花を咲かせる唐草模様。
多くの人の心に浮かぶ魅惑的な色模様は、広いイランで織られるペルシャ絨毯のおそらくほんの一部です。艶やかなクムのシルクに、深い色味に薔薇のゆらめくクルド族の絨毯、可愛らしいギャッベ。長い歴史に育まれたペルシャ絨毯の多様な顔立ちは、ときに私たちを驚かせるほどです。


さまざまな産地のペルシャ絨毯が丸めて並べられた様子

ペルシャ絨毯には2つの大きな潮流があります。1つは遊牧民の生活用品として生まれ、それぞれの家庭で今も織られる伝統的な絨毯、もう1つはその遊牧民の絨毯が町に迎えられ、工房で洗練されていったものです。部族ごとに特徴の異なる伝統的な絨毯は主にその部族の名前で呼ばれ、工房で織られる絨毯は町の名前で呼ばれるようになりました。


ナイン産ウール絨毯より、シャーアッバースの花模様

家庭で織られる絨毯を「トライバルラグ(部族絨毯)」と呼びカテゴリーを明確にすることはありますが、ペルシャ絨毯全体を扱うときに、海外ではとくに区別はされません。工芸として精緻を極めるのは工房織りの絨毯ですが、絨毯の本質である糸や染め、織りや文様の美しさはときに優劣つけがたく、その価値は一枚一枚の秀逸さや希少性にゆだねられます。


鳥獣模様が描かれる、アバデ絨毯の伝承模様

テヘランの絨毯博物館では叙情豊かなカシュガイ族の絨毯やヘリーズの村で織られる印象的な絨毯が、王の庇護のもとに栄えた華麗な絨毯と共に展示され、それぞれの魅力を放っています。ペルシャ絨毯とはイランで織られる手織り絨毯の総称であり、多様な民族と王朝の盛衰、幾多の町の歴史を秘めています。

もろもろの基準で価値を語られますが、一枚のペルシャ絨毯の良さを秤にかけることはできません。一目一目織りあげられた絨毯にはその織り手の心が宿り、その価値は使い手の心に育まれるからです。


シルクのかがやきに魅せられて

淡く繊細なタブリーズのデザイン

「ペルシャ絨毯」の名でわたしたちに呼び起こされるイメージは、多くはシルク絨毯のものです。
王侯貴族のために粋を凝らされ、芸術に高められたシルク絨毯は80年代の日本で絵画と共にその価値が高く評価されました。一世を風靡したシルク絨毯の美しさは人々の心に強い印象を残し、市場でもその定義を形作るようになります。
一方で実用品として欧米に広く浸透するウール絨毯は畳文化のためにあまり輸入されず、シルク絨毯の産地のほかはほとんど名が知られることもありませんでした。祇園祭の山鉾にゆられる絨毯の美しい金糸の輝きとともに、とりわけ高貴なペルシャ絨毯のイメージには日本特有の事情があったのです。


リビングに敷いたウールのペルシャ絨毯

住宅の欧米化が進んだ現在、実用性の高いウール絨毯も次第に増えてきました。やわらかなクッション性が床でくつろぐ日本の生活にとりわけ馴染み、通気性があるため夏にも心地のいいことが知られるようになりました。

厚みと鮮やかな色模様が人気を集めるギャッベは、実は家庭で織られるペルシャ絨毯の一種です。ギャッベと共に、他のさまざまな部族の絨毯、知名度の低い産地のウール絨毯も徐々に広まりつつあります。これらは時に「トライバルラグ」とまとめて表されるためにペルシャ絨毯とは別のものと思われがちですが、名前が知られていないだけなのです。

クム、タブリーズ、エスファハーン…ペルシャ絨毯の素晴らしさを日本に伝えたこれらの名前に今広まりつつある数々の産地や部族の名前が加わる近い将来、ペルシャ絨毯の豊かな世界はより鮮やかなイメージを浮かべてくれることでしょう。


普段使いのペルシャ絨毯

趣きのあるオレンジ色が美しい、工房織りペルシャ絨毯

遊牧民のテントに敷き詰められるギャッベは、やわらかな厚みが日本の生活にぴったりでした。クルド族の織るビジャーの絨毯はどっしりと堅牢で、トルクメン族の絨毯は落ち着いた茶色に薄くしなやかな質感が魅力です。

それぞれの部族や産地の特徴を色濃く表すペルシャ絨毯はデザインも性質もさまざまですが、強い耐久性はそのすべてに共通します。繊細で水に滲みやすいシルク絨毯は心遣いが必要ですが、強靭さはどんなウール絨毯にも負けません。そして遊牧生活を起源とするウール絨毯は何よりも実用性に優れ、使い込むほど味わいを増します。

丁寧に織り詰められたウールの毛足は踏むほどによく馴染み、ほどよい油分が汚れを防いで次第に艶めいてゆきます。イランの強い太陽の下では色彩は時とともにやわらぎますが、褪めた糸色は鮮やかな織りあがりの絨毯に上品な趣きを深めてくれます。自然素材を用いて人の手で大切に織られるペルシャ絨毯は、いつまでも長く使い続けるためのものなのです。

ペルシャ絨毯は部屋に敷かれ、使われたときにはじめてその真価を発揮します。美しい色と文様は空間を豊かにし、頼もしい質感は心地のいい安らぎを誘います。何よりも、日々の生活に息づき、住まいとともに思い出を紡いでゆく1枚は、かけがえのない大切な存在になってゆくのです。