本文へスキップ

ペルシャ絨毯の話|ペルシャ絨毯・ギャッベ・キリムの店 クラフトワーク

ネットショップお問合せ0565-54-9019

メールお問い合わせ

ペルシャ絨毯について

ペルシャ絨毯とは

イランで織られるペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯とは、イランで製作された結び目のある手織り絨毯のことを指します。

イランは長い歴史を誇るペルシャの現在の国名であり、ペルシャ人を中心に数多くの民族が住んでいます。ペルシャ絨毯は広い国土に散らばる数々の産地で織られるとともに、多様な民族がそれぞれの伝承模様を特徴とするペルシャ絨毯を織り続けています。

ペルシャ絨毯の素材は主にウールとシルクです。どちらもイラン国内で産出される良質な天然素材であり、強靭でしなやかな品質を支えています。もともと遊牧生活から生まれたためにペルシャ絨毯はウールを中核とするものですが、王侯貴族のために織られてきたシルク絨毯は格段に精密で美しく、絨毯の頂点を極めました。

日本ではペルシャ絨毯はシルクのイメージが強く、秀逸なシルク絨毯の産地クムがよく知られています。他にタブリーズ、イスファハーン、ナイン、カシャーンなどが有名ですが、実用品として欧米をはじめ世界中で愛されるウールのペルシャ絨毯は驚くほど種類が多く、さまざまな町や村、部族の名前で知られています。


←「ペルシャ絨毯の話」にもどる