本文へスキップ

ナイン産ペルシャ絨毯について|クラフトワーク

ネットショップお問合せ0565-54-9019

メールお問い合わせ

ペルシャ絨毯一覧へ

ナイン産ペルシャ絨毯について|ペルシャ絨毯の産地とその特徴

明るいウールの文様にシルクを織り込むエレガントなデザイン

ナイン産のペルシャ絨毯1

ナインの町

ナインとは、イランの中央部、イスファハーン北東部の砂漠に囲まれたオアシス都市です。3千年以上の歴史を持つナインの町には、サファビー朝時代のものを中心に数々のすばらしい建築物が残り、町の中心となるモスクは1,400年前に建てられたものだといいます。

ナイン産のペルシャ絨毯2   

ナインの絨毯産業

昔は手織りの男性用マントの名産地として広く知られていたナインですが、機械織り布の普及とマント自体の需要が減るにつれ、1920年ごろから絨毯産業にに力を入れるようになりました。手織りマントの繊細な織りに長けていたナインの人々はすぐに絨毯織りにも熟練し、高品質で美しいペルシャ絨毯の産地として世界的名声を誇るようになりました。

ナイン産のペルシャ絨毯3

ナイン産ペルシャ絨毯の魅力

ナイン産絨毯の大きな特徴のひとつは、砂漠の都市ならではの澄んだ明るい色合いです。嫌味のないやさしく落ち着いた色彩がナイン絨毯の垢抜けた美しさとして広く愛でられるようになりました。モチーフはイスファハーンの影響を色濃く受け、伝統的なメダリオンやシャーアッバース文様(花の断面図をモチーフ化したもの)が多く見られます。素材には平均的なペルシャ絨毯よりも良質で柔らかなウールが用いられ、シルク絨毯よりもウール絨毯、とりわけウールにシルクを織り交ぜたものが好まれています。

ナイン産のペルシャ絨毯4

ナイン産特有の品質ランクについて

ナイン産の絨毯は、縦糸の太さによって品質がランク分けされています。6本の細い糸を寄り合わせた縦糸を使ったものを「6LA(=シシュラ)」、9本を寄り合わせたものを「9LA(=ノーラ)」と縦糸の寄り合わせの数で呼び、9LAよりも6LAの方が糸が細いため、織り目が細かく高品質となります。同じ9LAでも太さに幅があるため、目が大きく全体に分厚い仕上がりになるものから、薄手で繊細な6LAに準ずるものまでさまざまです。