家庭織りギャッベ&キリム クラフトワーク 
〜家庭織りギャッベとキリムの店〜  
お買物方法特定商取引法カゴの中を見る 
ホームペルシャ絨毯ペルシャ絨毯中サイズへ

*  ペルシャ絨毯 (オールド)  *

大小の幾何学模様と直線の生むかっちりとした領域は花めいた無数の小さな文様に埋められていますが、よく眺めれば多種多様な花や植物の間には鳥に動物、蝶や魚に女の子の姿までが豊かに描き出されています。
様式化されたモチーフはなめらかな赤を背後に明快な藍の線で輪郭を縁どり、濃淡の青や緑、紫のこくりと濃い配色のところどころに配された淡色やベージュがちらちらと明るさをきらめかます。縁の藍の中ではこの輪郭には濃淡の赤が使われ、濃く霧めくような暗さにピンクやグレーのモチーフがやわらかに浮かび上がります。
密に張られたコットンの縦糸にきっちりとした目運びで詰められた毛足は短く刈り込まれてなおほっこりとしたボリュームをたたえます。馴染みあった毛足はそっと撫でるとするりとなめらかに手のひらを流れ、足を乗せるとほんのりとした柔らかみが伝わります。
全体の輪郭は裾に向かって僅かずつ広がり、横幅は最小で約100センチ、最大で約104センチとなっています。傷みや汚れは見られず良い状態が保たれ、仕入れ後には2度の水洗いを経て左右2辺の裏面に人口皮の帯を取り付けました。
ソファーやテーブルに合わせてはもちろん、和室の畳に合わせてもよく似合う一枚。伝統の美しさを未来へと伝えてゆく、鮮やかなアバデのペルシャ絨毯です。

深い藍に囲まれて、静かにも秘めた力を感じる茜の赤。上下の鉢から小さなメダリオンに向かってすらりと伸びた植物はラッパ状の花を左右に振り分け、夜も昼も埋め尽くすころころとしたモチーフは、森羅万象のとりどりの形を明快なタッチで描き出しています。
イラン有数の歴史都市、イスファハーンとシーラーズの中間に位置するアバデという小さな町で織られたペルシャ絨毯です。カシュガイ族の夏の放牧地にほど近いこの地では彼らの織るキリム模様に色濃い影響を受け、特徴的な幾何学文様と実用的な強い耐久性がアバデ絨毯の大きな魅力となっています。
1990年頃に織られたこの絨毯もまた、直線的に描かれた大きな六角形の中心に一つ、四つのコーナーにそれぞれ一つずつ紋章のようなメダリオンを浮かべ、ヘイバトルーと呼ばれる典型的な伝承模様を現わしています。
遠目には白くきらめくようなベージュの枠模様に縁どられながら、それぞれにメダリオンを浮かべる赤と藍の織り地は文様の朗らかな色と艶めきにより、負けじと華やかな見栄えを放って見せます。

品番  cb18822
品名  ペルシャ絨毯 (オールド)
サイズ  約160×102cm 厚さ 約1.5p
 (フサは含みません) 
素材  ウール たて糸コットン 
原産国  イラン・アバデ産
価格  ¥119,000(税込)




■販売者/(有)クラフトワーク   ホームページ店: 0565-54-9019   実店舗(名古屋市): 052-763-2656

Copyright © Craftwork Co.,Ltd. All Rights Reserved