家庭織りギャッベ&キリム クラフトワーク 
〜家庭織りギャッベとキリムの店〜  
お買物方法特定商取引法カゴの中を見る 
ホームギャッベ絨毯>ギャッベの話


*ギャッベの話*

〜織り上げられた物語〜

ギャッベ絨毯(ギャベ)


ギャッベ絨毯は、イラン南西部のファルス地方で生活を営む遊牧民によって昔から織り続けられている絨毯です。女性たちがたしなみとして身につける技術で折り、その生活の中で使うという素朴な絨毯で、固い地面に敷くために非常に丈夫で分厚く、また移動の間に手早く織る為に太い糸でざっくりと織られています。素材はウール、ヤギの毛、らくだの毛などで、色は草木染という100パーセント自然素材で出来た絨毯です。

ギャッベを特別なものとしているのは、何といってもそのアート性の高いモチーフと深く美しい色彩です。ギャッベには下絵も何もなく、織り手が心に思うがまま即興で織り上げていきます。その題材は遊牧生活の舞台である美しい自然、織り手の毎日の生活や身近に起こった出来事などであり、ときにはその願望などをギャッベに託して表現することもあります。織り手の人となりや世界観を垣間見せるギャッベはまさに絵画のような性格をもつものであり、同じギャッベは世界にふたつとありません。

映画「ギャベ」の監督、モフセン・マフマルバフ氏は言っています。「ギャッベを見ていると心が安らいでくる。まるで子どもの絵のようだ。…羊飼いが刈り取るごくふつうの羊毛、少女が砂漠から摘んでくるどこにでもある草花の色、そして織り手のインスピレーション、それがギャッベだ。イランの民族がその土地にあるものを使って作り、自然の中にあるものを自然の中で使うにすぎない。ギャッベは真に、遊牧民の絨毯である。一言でいうならば、私はギャッベを愛している。」

イラン国内でようやく注目されるようになってきたギャッベは、近年ヨーロッパなどで非常な関心を呼び、世界的なブームを起こしつつあります。一方、近代生活の影響の中で昔ながらの遊牧生活を続ける遊牧民は年々減っていますが、ギャッベ絨毯の伝統は民族の財産として脈々と受け継がれ、現在も昔と同じ方法で織り続けられています。


ギャッベの話・・・@ギャッベとは A遊牧民とギャッベBギャッベの色Cギャッベのモチーフ